*

お金を借りる時に必要な担保について考える

公開日: : コラム

お金を借りる時に担保が必要な場合があります。では、担保っていったいなんでしょうか?

担保というのは、お金を借りる時にお金と同程度の価値をもった資産を、借金が返せなかった時の補償としてお金を貸してくれた人や銀行に預けることです。
お金が返せなくなった場合は、担保にしていた資産は人の手に渡ることになります。

担保としての資産は、土地や、家などの不動産、定期預金、株やゴルフなどの有価証券、受取手形などがあります。

担保あるあるといえば、お金を借りる時の担保として、絵を渡すとか、壺を渡すとか、骨董品を担保に出してくる人がいます。

これは、信長が持っていたと言われる茶入れです。とか、円山応挙の絵など、売ったら100万円ぐらいの価値があるので借金の担保に・・・。という話がありますが、だいたいの場合ニセモノであったり、本物であってもそこまで価値がなかったりするケースが多いようです。

骨董品を担保にお金を貸した人の話を聞いてみると、どうも怪しい話が多く、貸したお金ほども価値がないのではないか?と思うのですが、当人は、借金をもうしこんでくる人の話を信じてお金を貸してあげるようです。
骨董品だと、もし本物だったら貸したお金よりも価値があるかもしれない、という心理が働くのかもしれません。

また、契約当時は借りたお金と同程度の価値があっても、状況が変わって資産価値が下がることもあります。
高い価値があったゴルフ会員券や株などの値下りしたのがバブル時代。
契約時に1億円あった土地が、数年で10分の一に。土地神話が崩れ、銀行が貸したお金が焦げ付き、不良債権化しました。

お金を借りる時にも貸す時にも、担保となる資産の価値はしっかりと見極めたいものですね。

尚、大手の消費者金融でお金を借りる場合、無担保で大丈夫なローンが増えています。数百万単位のお金であれば、担保が必要ない場合がありますので、お金を借りる場合は検討してみてください。

関連記事

no image

そもそもから考える、お金を借りるということ。

お金って身近にあるけれども、そもそもお金について考えたことはありますか? お金の本質が見えて

記事を読む

失業中

失業中にお金を借りる(1)

みなさん、ローンやキャッシングなどでお金を借りる際には、年収や収入証明書などの提示を求められ

記事を読む

交番でお金を借りる

交番でお金を借りる

皆さん、外出先、旅行先などでお財布をなくしてしまい、手持ちのお金は一切なく帰るに帰れなく

記事を読む

no image

年金生活中にお金を借りる(1)

みなさん、自分が定年を迎えて年金生活者になった時の生活を想像したことはありますか?その時に副業などを

記事を読む

no image

クレジットカードでお金を借りる

なかなかキャッシングやローンの審査に通らず、お金が必要なのに借りられない。そんな状況の中、審査無し、

記事を読む

no image

お金を借りる前に知っておきたい利息の仕組み

お金を借りた時に発生する利息について理解していますか?利息は利子とも言いますし、年率、利率など、様々

記事を読む

no image

お金を借りる前に想定しておきたいトラブル

みなさんお金を借りる方法をいくつ思いつきますか?もし急にお金が必要になった時にどのような手段でお金を

記事を読む

no image

お金を借りて攻める

お金を借りるというと、よくないイメージ、無借金経営と聞けばいいイメージがありますが、現実的には必ずし

記事を読む

no image

海外キャッシングを利用して賢くお金を借りる

お金を借りることにあまり縁がない方でも、利用すべきキャッシングサービスがあるのをご存知でしょうか?そ

記事を読む

no image

お金を借りるために

お金を借りたいと思っても、無制限に借りられるわけではありません。お金を貸している側は、お金を返しても

記事を読む

no image
お金を借りるために

お金を借りたいと思っても、無制限に借りられるわけではありません。お金を

no image
お金を借りて攻める

お金を借りるというと、よくないイメージ、無借金経営と聞けばいいイメージ

no image
お金を借りる時に必要な担保について考える

お金を借りる時に担保が必要な場合があります。では、担保っていったいなん

no image
そもそもから考える、お金を借りるということ。

お金って身近にあるけれども、そもそもお金について考えたことはありますか

no image
お金を借りる前に知っておきたい利息の仕組み

お金を借りた時に発生する利息について理解していますか?利息は利子とも言

→もっと見る

PAGE TOP ↑